ビジネスインテリジェンスの基礎

ソーシャル

ビジネスインテリジェンスの基礎ビジネスインテリジェンスの基礎 – すべてのビジネス・インテリジェンス・ソリューションのための基礎は、以下のように要約することができます。:

  • ビジネスインテリジェンスデータツール
  • 変換、ロードツール抽出 – ETL, 略 “エキス, 変換、ロード,” に会社を可能にするものツールやソリューションに統合機能のセットです “エキス” 多数のデータベースからのデータ, アプリケーションやシステム, “変換” それは必要に応じて、, そして “負荷” 別のデータベースに, データマートまたは分析のためにデータ・ウェアハウス, またはビジネス・プロセスをサポートするために、別の運用システムに沿ってそれを送ります.
  • 基本データスキーマやデータ・ディクショナリのソース・データベースと理解 (例えば. データは実際にビジネス用語で何を意味しています)
  • どのようなビジネスインテリジェンスの基礎出力の理解 / レポート / 管理情報 (MI) またはダッシュボードは次のように見てする必要があります (ダッシュボードには、すべて一つの場所に重要なパフォーマンスメトリックを統合する画面です, それが簡単に、ユーザーが常に自分のビジネスに最も重要な情報に更新滞在するために作ります.
    ダッシュボードには、様々なニーズに合うように設計することができます, したがって、様々な形態を取ります, ビジネス・インテリジェンス・ダッシュボードから (BIダッシュボード) エグゼクティブ・ダッシュボード/企業ダッシュボードと主要業績指標ダッシュボードへ (KPIダッシュボード).
  • 基本的なサーバーのデータベース・インフラストラクチャ (その上でBIデータベースをホストします – データウェアハウス / データ市場)
  • 基本的なサーバ・アプリケーション・インフラストラクチャー (その上でユーザーがレポートを実行し、データを表示します) – 整合性を確保し、性能を維持するために、次の2つを組み合わせることができますが、多くの場合、彼らは別のものです
  • あなたのデータ例えばの末端構造の明確な理解. スキーマに基づいて構造化データウェアハウスやデータマート / 3RD正規形または非構造化データセット (多くの場合、ビッグデータ分析に使用されます). データウェアハウスは、情報がコンパイルされたデジタルストレージセンタであります, 検索, そして、管理. ほとんどのデータ・ウェアハウスで, 情報には、多くのソースからのデータを間引く異なる当事者によって挿入することができます. データウェアハウス内のデータは、多くの場合、検索およびトランザクションプロセスを促進するために圧縮及びハッシュシステムで修飾されています